仕事をいったんやめて歯科衛生士になるために
専門学校で学ぶという覚悟を決めた皆様を
タルシカの職員は全力で応援いたします

徹底した個別指導

徹底した個別指導

タルシカは少人数制で勉強に集中できる環境が整っています。1年生のときから臨床実習があり、はやいうちから患者さんとも出会い、歯科衛生士として必要なスキルを磨く機会が多くあります。また、最終学年の3年生の11月からは、国家試験に向けてひとりひとりにあった特別カリキュラムを実施します。本番の試験まで、小樽歯科医師会の全面的なバックアップで、個別に指導を受けることができます。

教育訓練給付制度

小樽歯科衛生士専門学校は、専門実践教育訓練給付制度 認定校です
対象者の方が申請をすることで、受講費用のサポートが受けられます

専門実践教育訓練「教育訓練給付金」とは

「教育訓練給付金」は、働く人の、主体的で、中長期的なキャリア形成を支援し、雇用の安定と再就職の促進を図ることを目的とする雇用保険の給付制度です。

一定の要件を満たす雇用保険の一般被保険者の方(在職者)や一般被保険者であった方(離職者)が、自ら費用を負担して、専門実践教育訓練を受講し終了した場合、受講者が支払った教育訓練費の一部が支給されます。

受講中は支払った教育訓練費用の50%(最大3年間120万円)を、6か月ごとに申請することでハローワークから支給されます。

更に受講終了日から1年以内に資格取得し、就職(雇用保険被保険者となる)した場合、プラス20%(合計70%、最大3年間168万円)がハローワークから支給されます。

給付を受けることが出来る人

給付を受けることが出来る人は、下記項目に該当した方になります

  • 2016年以降に小樽歯科衛生士専門学校に入学した生徒
  • 今回初めて支給を受けようとしていて、かつ受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している在職または離職して1年以内の方
    (以前に支給を受けことがある方については、被保険者期間3年以上)
  • 受講者の住民票所在地のハローワークへ、事前に申請をされた方

※詳しい要件は、「ハローワークインターネットサービス 」を確認いただくか、住民票所在地のハローワークまでお問い合わせください。

さらに「教育訓練支援給付金」対象になる場合があります

専門実践教育訓練の教育訓練給付金を受給される方のうち、受講開始時に45歳未満であるなどの一定条件を満たした方が、離職している場合、「教育訓練支援給付金」として訓練期間中に雇用保険の基本手当の半額程度が2カ月ごとに給付されます。

給付制度の利用申し込みやお問い合わせは

制度及び申請手続きの詳細については、住民票所在地のハローワークまでお問い合わせください。

※給付金制度につきましては、下記関連サイトをご覧ください。

充実の支援制度

2020年度 入試制度・入学金減免制度

AO入試 入学金5万円減免

6月よりエントリー開始!!

指定校推薦入試 入学金5万円減免

各歯科医師会推薦制度 入学金10万円減免

紹介割 検定料2万円減免

本校を受験または合格した方からの紹介で、入学された方と紹介した方共に1回に限り減免

本校では、各種推薦制度のほか、特待生制度、奨励金・奨学金、教育ローンのご紹介、住まいのサポートなど、さまざまな支援制度をご利用いただけます。

以下、2020年度学生募集要項の支援制度を掲載いたします。印刷用の PDF ファイルもご利用ください。

また、歯科医師会の推薦制度、および2020年度 入試制度・入学金減免制度も添付しております。ぜひこちらもご確認ください。

特待生制度

  • 推薦入学試験及び一般入学試験の第一期に選考試験を開催
  • 成績優秀者 若干名の入学金を10万円減免
  • 選考方法:学科試験で選考(国語・英語・数学 それぞれの基礎問題)
  • AO入試の受験者は除く

奨励金・奨学金制度

小樽市歯科医師会奨励金(返済義務なし)

入学後成績優秀で、他の学生の模範となる者に給付する(但し該当者無しの場合もある)

日本学生支援機構

日本学生支援機構の奨学金が使えます(奨学金をご希望の高校生の方は、高校在学中に「予約採用」を申込みされることを、おすすめ致します)

詳しくは、日本学生支援機構のホームページなどでご確認ください。

各種支援制度

社会人支援制度

社会人の方が入学される場合、初年度後期授業料納入後に10万円を支援します。

一人暮らし支援制度

小樽市外の出身者で、小樽市内に居住する場合、下宿・アパート代を支援します(6ヶ月ごとに6万円を支援)

遠距離通学支援制度

小樽市外から通学する学生に、月 5,000 円の定期代を支援します(6ヶ月ごとに3万円を支援)

教育ローンの利用

日本政策金融公庫(旧:国民生活金融公庫)については、そのつど紹介します。

住まいのサポート

市内の下宿 および賃貸アパートをご紹介致します。
合格発表と同時に「下宿・アパートマップ」を送付致します。

下宿 48,000円~75,000円 1日2食(日曜・祝日は下宿により異なる)、風呂付き等
アパート 28,000円~48,000円 8~10畳(ワンルーム)、2LDK等 台所、バス、トイレ

支援制度の詳細は学生募集資料にも掲載しております。
歯科衛生士学校への入学をご検討の方は、ぜひ資料をご請求ください。

資料請求はこちらから


添付ファイル