学校沿革

小樽歯科衛生士専門学校の歩み

  • 昭和41年10月20日
    小樽歯科衛生士学院として設立、学院長に館山文次郎氏就任。
  • 昭和42年3月10日
    社団法人小樽市歯科医師会・社団法人後志歯科医師会会立小樽歯科衛生士学院として厚生省より許可される。
  • 昭和42年4月9日
    授業開始。
  • 昭和46年9月15日
    鉄筋コンクリート4階建新校舎落成。
  • 昭和49年4月1日
    第二代学院長に東敏郎 氏就任。
  • 昭和51年10月17日
    学院創立十周年記念式典挙行。
  • 昭和54年
    社団法人小樽市歯科医師会会立小樽歯科衛生士専門学校となる。
  • 昭和57年4月1日
    第三代学校長に山岡清智氏就任。
  • 昭和59年9月1日
    校舎改築落成。
  • 昭和61年7月6日
    学校創立二十周年記念式典挙行。
  • 昭和63年4月1日
    修業年限二年となる。
  • 昭和63年4月1日
    第四代学校長に馬渕清志氏就任。
  • 平成3年4月1日
    第五代学校長に兵藤昭三氏就任。
  • 平成7年7月21日
    学校創立三十周年記念式典並びに祝賀会挙行。
  • 平成12年4月1日
    第六代学校長に熊澤隆樹氏就任。
  • 平成18年4月1日
    第七代学校長に梅原貞男氏就任。
  • 平成19年4月5日
    第八代学校長に熊澤隆樹氏就任。
  • 平成20年9月
    校舎改築落成。
  • 平成21年4月1日
    修業年限三年となる。
  • 平成25年4月1日
    第九代学校長に角谷 淳氏就任。

小樽歯科衛生士学校への入学をご検討の方は、ぜひ資料をご請求ください