歯科衛生の養成機関

 受験資格のところでも触れたように、歯科衛生士の国家試験を受けるには、国が定める養成機関で3年以上修業する必要があります。具体的には、歯科衛生士の専門学校が中心になりますが、大学・短大の対応する学科に進学する方法や、歯科系大学の付属校で学ぶ方法もあります。いずれも3年制の昼間部が中心ですが、夜間部を設けている学校もあります。

 学校の選び方は各個人の状況にもよりますが、学費と資格試験合格に向けたサポート体制は共通して重要な判断基準となるでしょう。また、通学や卒業後の就職先の観点からは学校の地域性も大きな要素です。地元で地域密着型の運営をしている学校はこの点で非常に魅力的な存在といえます。