国家資格が必要な専門職

 歯科衛生士は、1948年(昭和23年)に制定された歯科衛生士法に基づく厚生労働大臣免許の国家資格です。この法律では、歯科衛生士の職務として次の3つが定められています。

歯科予防処置

歯科予防処置

むし歯、歯周病から歯を守る仕事です。

専用の器具や機械を使って歯石を取り除いたり、丈夫な歯にするために歯の薬を塗ったりして、むし歯や歯周病を予防します。

歯科保健指導

歯科保健指導

歯によい生活習慣と食べる喜びを伝える仕事です。

自分の歯でかむことの大切さを伝え、その人にあった歯のブラッシング方法を指導したり、生活習慣改善のお手伝いをします。

歯科診断補助

歯科診断補助

歯科医院のチーム医療を支える仕事です。

歯科医師が円滑に治療に取り組める様、サポートをしたり、患者さんに対し優しい心遣いを持ち、コミュニケーションを図るなど幅広い仕事をします。


 このように、歯科衛生士は国家資格に裏付けされた知識と技術で歯科医療を実践していける、誇りとやりがいの持てる仕事なのです。