関連職種

 歯科診療の現場では、歯科衛生士のほかにも、いろいろな職種の人たちが活躍しています。歯科衛生士は、そうした周囲の人たちと協力しながら仕事を進めていく必要があります。

 歯科診療に関連する職種としては、次のようなものが挙げられます。

歯科医師

 歯科医師とは、歯学に基づき傷病の予防、診断、治療、公衆衛生の普及を責務とする医師、つまり歯医者さんのことです。日本では、歯科医師法によりその職務が規定されています。

歯科技工士

 歯科技工士は、歯科医師の指示に基づいて、義歯(入れ歯)や補綴物(差し歯・銀歯)などの製作・加工を行う医療系技術専門職のことです。歯科衛生士と同様、歯科技工士も国家資格が必要で、歯科医療の向上と医業の分業化に伴い、非常に高度な精密技工技術と審美感覚が求められる職業です。

歯科助手

 歯科医院などで一般的な雑務を行う人のことで、国家資格や法律などで特に定義、分類されている職種ではありません。対応できる業務は、器具の清掃・準備、患者の介添、石膏の練和、受付といった非専門的な仕事が中心で、歯科衛生士や看護師のように歯科診療補助を行うことはできません。

 歯科診療に関わる人たちがお互いの役割と専門分野を把握し、協力して仕事を進めていくことが重要です。